教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
研究科内講師
氏名
やまざき とおる
山崎 亨
生年月
1977.12
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
基礎医学系講座
教育研究分野
公衆衛生・産業医学分野
TEL
059-231-5012
FAX
059-231-5012
E-mail
toruy@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
Sydney School of Public Health 専門職学位課程 (2013年09月~2015年01月) 卒業・修了
京都大学大学院医学研究科 博士課程・博士後期課程 (2008年04月~2013年03月) 満了
大阪大学歯学部 学士課程 (2002年04月~2006年03月) 卒業・修了
京都大学農学部 学士課程 (1998年04月~2002年03月) 卒業・修了
学位
2015 MPH The University of Sydney
2013.09 Ph.D 京都大学大学院医学研究科
2006.03 DDS 大阪大学歯学部
2002.03 BS 京都大学農学部
所属学会
日本骨代謝学会 日本疫学会 日本産業衛生学会 日本公衆衛生学会 日本口腔衛生学会 三重県公衆衛生学会 日本歯科医師会
社会活動
三重県立公衆衛生学院
職歴
 
学術(芸術)賞
WILLIAM J. GIES AWARD,欠損歯と動脈硬化に関する一連の研究,2016.03,IADR/AADR
専門分野
疫学 公衆衛生学 口腔保健
現在の研究課題
学童を対象とした歯科保健プログラム有効性の検討 三重県における乳児う蝕有病者率の地域格差要因の検討 電子カルテを用いた臨床疫学研究
担当科目
夏季集中講義 社会と医学
主な業績等
A pragmatic method for electronic medical record-based:observational studies: developing an electronic medical records retrieval system for clinical research. 共著 2012.10 BMJ Open. 2(6) e001622-
Increased incidence of osteonecrosis of the jaw after tooth extraction in patients treated with bisphosphonates: a cohort study. 共著 2012.11 Int J Oral Maxillofac Surg 41(11) 1397-1403
Risk of osteomyelitis of the jaw induced by oral:bisphosphonates in patients taking medications for osteoporosis: a hospital-based cohort study in Japan. 共著 2012.11 Bone 51(5) 882-887
Mastication and risk for diabetes in a Japanese population: :a cross-sectional study. 共著 2013.01 PLoS One 8(6) e64113-
Assessing anteroposterior basal bone:discrepancy with the Dental Aesthetic Index. 共著 2013.05 Angle Orthod. 83(3) 527-532
Risk factors and indices of osteomyelitis of the jaw in osteoporosis patients: results from a hospital-based cohort study in Japan. 共著 2013.11 PLoS One 8(11) e79376-
Recent Clinical Evidence in Bisphosphonate-Related Osteomyelitis of the Jaw: Focus on Risk, Prevention and Treatment. 共著 2014.04 Rev Recent Clin Trials. 9 37-52
The increase in prescriptions of bisphosphonates and the incidence proportion of osteonecrosis of the jaw after risk communication activities in Japan: a hospital-based cohort study. 共著 2014.04 Pharmacoepidemiol Drug Saf. 23(4) 398-405
Tooth loss and atherosclerosis: the nagahama study. 共著 2014.11 J Dent Res 94(3 Suppl) 52S-58S
Periodontitis and Porphyromonas gingivalis in preclinical stage of arthritis patients. 共著 2015.04 PLoS One 7 e0122121-
Significant association of periodontal disease with anti-citrullinated peptide antibody in a Japanese healthy population - The Nagahama study. 共著 2015.05 J Autoimmun 59 85-90
上顎洞に炎症が波及したビスフォスフォネート関連顎骨骨髄炎の治療経験 共著 2015.06 日本口腔外科学会雑誌 61 310-318
The novel association between red complex of oral microbe and body mass index in healthy Japanese: a population based cross-sectional study 共著 2015.07 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 1-5
Worker resignation due to patient nuisance in hospitals: Determinants and prevention. 共著 2016.01 Arch Environ Occup Health
Does a mandibular overdenture improve nutrient intake and markers of nutritional status better than conventional complete denture? A systematic review and meta-analysis. 共著 2016.08 BMJ Open 3 e011799-


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます