教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名

坂井田 寛
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
臨床医学系講座
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
hsakaida@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
三重大学 医学部 医学科 学士課程 (1995年04月01日~2001年03月31日) 卒業・修了
学位
 
所属学会
日本耳鼻咽喉科学会 日本耳科学会 日本鼻科学会
社会活動
 
職歴
 
学術(芸術)賞
 
専門分野
 
現在の研究課題
 
担当科目
耳鼻咽喉科
主な業績等
原発性副鼻腔嚢胞の臨床的検討 共著 2005.05 耳鼻咽喉科臨床 98 377-380

Squamous cell carcinoma of the nasolacrimal duct 共著 2009.05 Eur Arch Otorhinolaryngol 266 455-458

当科における急性喉頭蓋炎症例の検討 共著 2011.05 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 29 51-54

Streptococcus dysgalactiae subsu. equisimilsによる顔面蜂窩織炎の1例 共著 2012.05 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 30 77-80

当科における中耳奇形の8症例 共著 2013.05 Oology Japan 23 18-124

Analysis of factors influencing sensitization of Japanese cedar pollen in asymptomatic subjects 共著 2013.12 Auris Nasus Larynx 40 543-547

スギ花粉症の新規感作と発症 単著 2013.12 臨床免疫・アレルギー科 60 628-632

頭部外傷の7年後に髄膜炎、髄液耳漏を発症した側頭骨内髄膜脳瘤の一例 共著 2013.12 otology Japan 23 868-872

【内視鏡でどこまでわかるか-最新のトピックス】 鼻出血はどこまでわかるか? 共著 2014.02 JOHNS 30 191-194

【耳鼻咽喉科医が見落としてはいけない中枢疾患】 鼻性頭蓋内合併症 共著 2014.04 ENTONI 166 155-158

Challenge QUIZ 貴方も名医 海綿静脈洞血栓症 共著 2014.05 Clinic Magazine 41 68-69

Cochlear Fistula as a Late Consequence of Tympanomastoidectomy. 共著 2014.07 Otology & neurotology

誤嚥防止手術を行った重症心身障害児・者の6例 共著 2014.08 日本気管食道科学会会報 65 330-333

Cavernous sinus thrombosis: linking a swollen red eye and headache. 共著 2014.09 Lancet 384 928

Measurement of Japanese cedar pollen-specific IgE in nasal secretions. 共著 2014.09 Allergology international 63 467-73

海綿静脈洞血栓症 共著 2014.11 耳鼻咽喉科臨床 107 858-859

Kartagener症候群の2症例 共著 2014.12 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 86 1121-1125

Changes of micro-RNAs in asymptomatic subjects sensitized to Japanese cedar pollen after prophylactic sublingual immunotherapy 共著 2015.01 Allergy & Rhinology 6 e33-e38

Immunological parameters in prophylactic sublingual immunotherapy in asymptomatic subjects sensitized to Japanese cedar pollen. 共著 2015.01 Allergology international 64 54-9

【膿瘍-マネジメントとピットフォール】 鼻性頭蓋内膿瘍 共著 2015.02 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 87 122-128

Novel scoring system and algorithm for classifying chronic rhinosinusitis: the JESREC Study 共著 2015.05 Allergy

Dehiscent high jugular bulb attached to the tympanic membrane 共著 2015.06 Ear Nose Throat J 94 210-212

Intratympanic membrane congenital cholesteatoma 共著 2015.07 Ear Nose Throat J 94 256-260

Dual-incision approach for excision of postauricular sinus 共著 2016 Eur J Plast Surg 39:159–160

Successful application of endoscopic modified medial maxillectomy to orbital floor trapdoor fracture:in a pediatric patient 共著 2016 Auris Nasus Larynx 43:575-578

Novel syndrome with conductive hearing loss and congenital glaucoma in three generations共著 2016 in press

Use of rigid curved laryngoscope for removal of a fish bone in the hypo pharynx.共著 2016 Case Reports in Otolaryngology Volume 2016 Article ID 9689521


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます