教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名

仁尾 かおり
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
看護学科
講座
母性・小児看護学講座
教育研究分野
小児看護学
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程修了
学位
博士(看護学)
所属学会
日本小児看護学会 日本小児保健協会 日本家族看護学会 日本小児循環器学会 日本小児保健協会 日本看護科学学会 日本看護研究学会 
日本看護学教育学会 日本循環器看護学会
社会活動
日本小児看護学会 評議員、専任査読者
日本小児循環器学会 多領域専門職委員会委員
日本看護科学学会 和文誌編集委員会専任査読委員
日本循環器看護学会 専任査読委員
日本家族看護学会 専任査読者
三重県小児保健協会 理事
職歴
国立循環器病研究センター 看護師
国立看護大学校 看護学部 講師
愛知医科大学 看護学部 准教授
千里金蘭大学 看護学部 教授
三重大学 医学部看護学科 教授(2016.4~ 三重大学大学院医学系研究科看護学専攻 教授)
学術(芸術)賞
日本看護研究学会平成19年度奨励賞
14th Asian Pacific Congress of Pediatrics.Best Poster Presentation
専門分野
小児看護学
現在の研究課題
先天性心疾患をもつ子ども(人)のレジリエンス促進拡大支援モデル構築
先天性心疾患をもつ子どもの親へのアプローチプログラム開発
慢性疾患をもつ子どもと家族に対する支援体制の構築
小児看護学実習における倫理教育に関する研究
担当科目
【学部】小児看護学Ⅰ 小児看護学Ⅱ 小児看護学Ⅲ 生涯発達論 看護学専門ゼミナール 看護学基礎ゼミナール 看護研究 小児看護学実習 
統合実習Ⅰ 統合実習Ⅱ 暮らしと看護
【博士前期課程】小児看護学対象論 小児看護学援助論 小児看護学特論Ⅰ 小児看護学特論Ⅱ 看護理論 看護学特別研究 
【博士後期課程】看護学研究方法論 母子看護学特論 母子看護学演習 後期看護学特別研究
主な業績等
【論文】
・仁尾かおり(2015).先天性心疾患をもつ子どもの疾患理解.日本小児循環器学会雑誌,31(1-2),61-63.
・石河真紀,仁尾かおり,藤澤盛樹(2015).先天性心疾患をもつ幼児の自立にむけた親の努力.小児保健研究,74(1),149-155.
・仁尾かおり,石河真紀,藤澤盛樹(2014).学童期から青年期にある先天性心疾患患者の“病気体験に関連したレジリエンス”アセスメントツールの開発.日本小児循環器学会雑誌,30(5),543-55.
・仁尾かおり,石河真紀(2013).思春期・青年期にある先天性心疾患患者のレジリエンス構成要素.日本小児看護学会誌,22(2),25-33.
・仁尾かおり(2011).思春期・青年期にあるダウン症の子どもをもつ母親のレジリエンス-背景要因と自立に対する認識によるレジリエンスの差異-.日本小児看護学会誌,20(3),43-50.
・Kaori Nio (2010).Sense of coherence in adolescents with congenital heart disease. Cardiology in the young, 20(1), 538-546.
・仁尾かおり、文字智子、藤原千惠子(2010).思春期・青年期にあるダウン症をもつ人の自立に関する親の認識の構造.日本小児看護学会誌,19(1),8-16.
・仁尾かおり(2009).ダウン症をもつ思春期の子どもの自立に対する親の認識.家族看護学研究,15(1),12-21.
【著書】
・監修:竹尾惠子(2015).看護技術プラクティス 第3版/診療・処置時の看護技術:与薬の看護技術.学研メディカル秀潤社,330-396.
・編集:松尾宣武、濱中喜代(2013). "新体系看護学全書小児看護学② 健康障害をもつ小児の看護 第5版/先天的な問題をもつ小児と家族,成人期への移行過程にある慢性疾患をもつ小児と家族.メヂカルフレンド社,510-518,594-603.
・監修:松下竹次,編集:駒松仁子(2008).キャリーオーバーと成育医療/キャリーオーバーした人の成育看護-先天性心疾患をもちキャリーオーバーする人の成育看護-.へるす出版,146-151.


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます