教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
やすこうち よしき
安河内 彦輝
生年月
1979.11
所属
部局
地域イノベーション推進機構
学科・専攻
先端科学研究支援センター
講座
ヒト機能ゲノミクス部門
教育研究分野
 
TEL
059-231-9957
FAX
059-231-5388
E-mail
yasukouchi@gene. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
福岡大学 学士課程 (1998年04月01日~2002年03月25日) 卒業・修了
九州大学 修士課程・博士前期課程 (2004年04月01日~2006年03月27日) 卒業・修了
九州大学 博士課程・博士後期課程 (2006年04月01日~2009年09月25日) 卒業・修了
学位
2009.09 博士(理学) 九州大学
所属学会
日本生理人類学会 日本遺伝学会 日本進化学会 国際分子生物進化学会 日本人類学会 日本哺乳類学会 日本生態学会 日本免疫学会
社会活動
 
職歴
2003.10~2004.03 九州大学 研究生
2009.10~2010.03 総合研究大学院大学 研究員 上級研究員
2010.04~2014.03 総合研究大学院大学 研究員 特別研究員
2014.04~2014.09 筑波大学 研究員 日本学術振興会特別研究員(PD)
2014.10~2016.01 東京大学 研究員 日本学術振興会特別研究員(PD)
2016.02~ 三重大学 教員 助教
学術(芸術)賞
第82回大会Best Paper賞,2010.09,日本遺伝学会
優秀発表賞,2014.11,日本生理人類学会
専門分野
分子進化学
集団遺伝学
適応進化学
現在の研究課題
高地適応関連遺伝子多型と生理的多型との関連 縦断的GWASによる疾患感受性SNPの同定
担当科目
生命科学特論
主な業績等
2004年秋のツキノワグマ大量出没に関する体毛の炭素・窒素安定同位体比からみた栄養診断の試み 共著 2008.11 保全生態学研究 2 257-264
Genetic structure of the Asiatic black bear in Japan using mitochondrial DNA analysis 共著 2008.11 Journal of Heredity 100 297-308
Tandem duplication of mitochondrial DNA in the black-faced spoonbill, Platalea minor 共著 2010.01 Genes & Genetic Systems 84 297-305
Identification of the expressed MHC class II DQB gene of the Asiatic black bear, Ursus thibetanus, in Japan 共著 2010.06 Genes & Genetic Systems 85 147-155
九州で最後に捕獲されたツキノワグマの起源 共著 2010.12 哺乳類科学 50 177-180
Evolution of the CYP2D gene cluster in humans and four non-human primates 共著 2011.06 Genes & Genetic Systems 86 109-116
MHC class II DQB diversity in the Japanese black bear, Ursus thibetanus japonicus 共著 2012.11 BMC Evolutionary Biology 12 230-
Current perspectives on the intensity of natural selection of MHC loci 共著 2013.04 Immunogenetics 65 479-483
Nonsynonymous substitution rate heterogeneity in the peptide-binding region among different HLA-DRB1 lineages in humans 共著 2014.05 G3-Genes Genomes Genetics 4 1217-1226
A human-specific allelic group of the MHC DRB1 gene in primates 共著 2014.06 Journal of Physiological Anthropology 33 14-
Molecular evolution of the CYP2D subfamily in primates: Purifying selection on substrate recognition sites without the frequent or long-tract gene conversion 共著 2015.03 Genome Biology and Evolution 7 1053-1067
Genetic evidence for contribution of human dispersal to the genetic diversity of EBA-175 in Plasmodium falciparum 共著 2015.08 Malaria Journal 14 293-
A limit to the divergent allele advantage model supported by variable pathogen recognition across HLA-DRB1 allele lineages 共著 2015.09 Tissue Antigens 86 343-352
人間科学の百科事典 単著or編著 2015.01 丸善出版
ツキノワグマの大量出没に関する報告書


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます