教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
おおばやし ようこ
大林 陽子
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
看護学専攻
講座
実践看護学領域
教育研究分野
母性看護学、助産学
TEL
 
FAX
 
E-mail
obayashi@nurse.medic.mie.u-ac.jp
個人のホームページ
 
学歴
名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学
学位
博士(看護学)
所属学会
日本看護科学学会
日本看護研究学会
日本母性衛生学会
日本助産学会
社会活動
 
職歴
国立名古屋病院(現 国立病院機構名古屋医療センター) 助産師
愛知県立大学看護学部 講師
三重大学大学院医学系研究科看護学専攻
学術(芸術)賞
 
専門分野
母性看護学、助産学
現在の研究課題
出産とストレス、女性の健康支援、母性看護学、助産学
担当科目
【大学院】
看護理論、母性看護・助産学対象論Ⅰ、母性看護・助産学対象論Ⅱ 、母性看護・助産学援助論Ⅰ、母性看護・助産学援助論Ⅱ、看護学特別研究
【学部】
母性看護学Ⅰ、母性看護学Ⅱ、母性看護学実習、統合実習Ⅰ(母性看護・助産学)、統合実習Ⅱ(母性看護・助産学)、助産論Ⅰ、助産診断学Ⅰ、助産診断学Ⅱ、助産技術学Ⅱ、助産論Ⅱ、助産学実習Ⅰ、助産学実習Ⅱ、助産学実習Ⅲ、看護研究方法論、看護学基礎ゼミナール、看護学専門ゼミナール、看護研究(卒論)、暮らしと看護、男女共同参画基礎
主な業績等
【論文】
Obayashi Y, Iriyama S, Suzuki A, Obata S: The validity and reliability of a scale on postnatal posttraumatic stress symptoms related to childbirth among Japanese women: Evaluation of the Japanese language Version of the Impact Event Scale-Revised. 2016 Journal of Women's Health Care 5(3):1-6.
褥婦のポストトラウマティックグロウス(PTG)が母乳育児に及ぼす影響-産褥早期から産褥3ヵ月までの前向き研究-、2016、医療の広場、56(2):14-16. 共著
【著書】
入山茂美・春名めぐみ・大林陽子 編:現代の母性看護 概論、名古屋大学出版会、2018. 共著
石村由利子 編:根拠と事故防止からみた母性看護技術 第2版、医学書院、2016. 共著


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます