教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
おおい たかひろ
大井 隆弘
生年月
1984.02
所属
部局
工学研究科
学科・専攻
建築学専攻
講座
建築マネジメント
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
takahiro.ohi@arch. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
東京芸術大学 博士課程・博士後期課程 (2009年04月01日~2015年03月25日) 卒業・修了
学位
2015.03 博士(美術) 東京芸術大学
所属学会
社団法人 日本建築学会 公益社団法人 日本造園学会 家具道具室内史学会 建築史学会
社会活動
 
職歴
2015.04~2017.01 東京芸術大学大学院美術研究科建築専攻 教員 教育研究助手
学術(芸術)賞
東海地区卒業設計競技,3等,2006,日本建築家協会東海支部
マツ六工業バウハウス国際デザインコンペティション,選外佳作,2006,マツ六工業
城東紙器デザインコンペティション,佳作,2007,城東紙器
名古屋国際デザインコンペティション,vegetable font,2008,名古屋デザインセンター
専門分野
日本建築史
現在の研究課題
 
担当科目
日本建築史
主な業績等
【論文】
「吉田五十八の住宅作品を通してみる近代住宅の出入口ー勝手口の減少および内玄関と勝手口の近接傾向についてー」(『日本建築学会計画系論文集,79(704)』,pp.2299-2306,2014)
「吉田五十八の住宅作品を通してみる中上流住宅の起居様式ー室名表記と接続方法に着目してー」(『日本建築学会計画系論文集79(697)』,pp.807-816,2014)
「吉田五十八の住宅作品を通してみる近代住宅の表玄関ー室名表記・内法装置・床面仕上・段差寸法の分析ー」(『日本建築学会計画系論文集81(720)』,pp.457-465,2016)
「吉田五十八の住宅作品にみる室内意匠 : アール・デコ、ライトから、ミースへ」(『家具道具室内史学会誌(8)』,pp.56-98,2016)
「大正・昭和期の都市上中流住宅における水まわり空間の変容過程ー吉田五十八による住宅作品に関する図面史料の分析を通してー」(『住総研研究論文集(43)』,pp.137-148,2016)

【著作】
『昭和住宅』(共著,エクスナレッジ,2014)
『日本の名作住宅の間取り図鑑』(エクスナレッジ,2015)
『世界の建築家 解剖図鑑』 (共著,エクスナレッジ,2018)

【執筆・連載】
『JUTAKUKADAI05(住宅課題賞2016)』(株式会社総合資格,2017)
「とおり町 Street Garden(設計:前田圭介)」(『TOTO通信(2017年秋号)』,pp.28-33,TOTO株式会社,2017)
「左官、その盛り上がりの端緒」(『左官×実験(左官フォーラムみえ2017特別展)』,左官フォーラムみえ2017実行委員会 ,2017)
「大正昭和の住宅と私たちの暮らし」(『つ・ぶんか(津文化協会会報)』,pp.2-4,津文化協会)
「よみがえる半泥子と千歳山荘展」(『つ・ぶんか(津文化協会会報)』,pp.7,津文化協会)
「白金の家(設計:團野浩太郎+團野沙知子)」(『TOTO通信(2018年新春号)』,pp.4-11,TOTO株式会社 ,2018)
「連載・吉田五十八の住宅(1)表玄関と欄間の吹抜け」(『ARCHITECT(The Japan Institute of Architects)』,日本建築家協会東海支部 ,2018.3)
「連載・吉田五十八の住宅(2)内玄関と勝手口」(『ARCHITECT(The Japan Institute of Architects)』,日本建築家協会東海支部 ,2018.5)
「連載・吉田五十八の住宅(3)床座と椅子座」(『ARCHITECT(The Japan Institute of Architects)』,日本建築家協会東海支部 ,2018.7)
「石神の家(設計:増田啓介+増田良子)」(『TOTO通信(2018年夏号)』,pp.34-41 ,TOTO株式会社 ,2018)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます