教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
ほうき しょうじ
伯耆 匠二
生年月
1988.02
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生物学
教育研究分野
水圏資源生物学
TEL
059-231-9109
FAX
 
E-mail
houki@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
2010.03 三重大学生物資源学部 卒業
2012.03 東京大学大学院農学生命科学研究科 修士課程 修了
2015.12 東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程 修了
学位
2015.12 博士(農学) 東京大学
所属学会
日本水産学会
日本ベントス学会
社会活動
 
職歴
2015.04~2016.03 東京大学 大気海洋研究所付属 国際沿岸海洋研究センター 学術支援職員
2016.04~2017.01 東京大学 大気海洋研究所付属 国際沿岸海洋研究センター 特任研究員
2017.02~ 現職
学術(芸術)賞
 
専門分野
二枚貝をはじめとする小型無脊椎動物の消化機構・摂餌生態
現在の研究課題
河口域に生息する埋在性二枚貝種間における珪藻資源の使い分け機構
浮遊珪藻の螺旋状群体は濾過食者に対する被食防御となるか?(卒論テーマ)
ワレカラ類(端脚類)の食性研究(卒論テーマ)
担当科目

情報科学基礎(共通教育)
水族発生遺伝学実験
主な業績等
● Shouji Houki, Tomohiko Kawamura, Nobuhiro Ogawa, Yoshiro Watanabe. Efficient crushing of hard benthic diatoms in the gut of the Manila clam Ruditapes philippinarum - experimental and observational evidence, Journal of Experimental Marine Biology and Ecology, 505, 35-44, 2018.
● 松本 有記雄, 伯耆 匠二, 中坪 あゆみ, 西洞 孝広, 野呂 忠勝, 貴志 太樹, 高見 秀輝, 河村 知彦. 「アワビ類の初期餌料として好適な針型珪藻Cylindrotheca closteriumの大量培養法と採苗板への展開法に関する研究」日本水産学会誌, 84, 233-240, 2018.
● Shouji Houki, Tomohiko Kawamura, Takahiro Irie, Nam-Il Won and Yoshiro Watanabe. “The daily cycle of siphon extension behavior in the Manila clam controlled by the endogenous rhythm” Fishery Science, 81, 453-461, 2015.
● Akira Komaru , Mitsuya Yamada, Shouji Houki. “Relationship Between Two Androgenetic Clam Species, Corbicula leana and Corbicula fluminea, Inferred from Mitochondrial Cytochrome b and Nuclear 28S rRNA Markers.” Zoological Science 30: 360-365, 2013.
● Akira Komaru, Shouji Houki, Mitsuya Yamada, Takuya Miyake, Mayu Obata, Kouichi Kawamura. “28S rDNA haplotypes of males are distinct from those of androgenetic hermaphrodites in the clam Corbicula leana.” Development Genes and Evolution 222: 181-187, 2012.
● Shouji Houki, Mitsuya Yamada, Takako Honda, Akira Komaru. “Origin and Possible Role of Males in Hermaphroditic Androgenetic Corbicula Clams.” Zoological Science 28: 526-53, 2011.


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます