教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
さかい けいこ
酒井 恵子
生年月
 
所属
部局
人文学部
学科・専攻
文化学科
講座
アジア・オセアニア研究
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
ksakai@human. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1996.03 岡山大学文学部卒業
2000.03 名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程修了
2007.03 名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学
学位
2007.11 博士(歴史学) 名古屋大学
所属学会
東方学会 名古屋大学東洋史研究会
社会活動
 
職歴
2007.04~2016.09 名城大学 非常勤講師
2007.06~2014.03 三重大学 非常勤講師
2011.04~2016.09 金城学院大学 非常勤講師
2012.10~2017.03 岐阜大学 非常勤講師
2014.04~2017.03 三重大学人文学部 特任准教授
2017.04~ 三重大学人文学部 准教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
 
現在の研究課題
 
担当科目
アジア・オセアニアの歴史 アジア・オセアニア史演習 歴史学概論 東洋史 東アジア史特講・演習 東アジア史料論特講・演習
主な業績等
【論文】
孝子から節婦へ―元代における旌表制度と節婦評価の転換― 単著 2006.03 『東洋学報』87-4 33-60
明代後半期の旌表―規定改定をめぐって― 単著 2007.03 『名古屋大学東洋史研究報告』31 23-48
明代正統・景泰年間における義民旌表と納粟入監 単著 2009.03 『名古屋大学東洋史研究報告』33 51-75
近世中国における「操を守った」女性たち 単著 2009.11 『歴史の理論と教育』131 25-37
朱元璋における「賢」と「不才」―『御製大誥』を中心に― 単著 2012.03 『名古屋中国古代史研究会報告集2 地域と人間から見た古代中国―江村治樹教授退職記念中国史論集―』(名古屋中国古代史研究会) 135-152

【書評】
唐宋変革期と「家族」―大澤正昭著『唐宋時代の家族・婚姻・女性―婦は強く』を読む― 単著 2010.03 『名古屋中国古代史研究会報告集1 血縁関係・老人・女性―中国古代「家族」の周辺―』(名古屋中国古代史研究会) 97-108
 
【書籍】
『明史選挙志1―明代の学校・科挙・任官制度』 井上進氏との共訳注 2013.09 平凡社


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます