教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
おおくら さえ
大倉 沙江
生年月
1987.08
所属
部局
人文学部
学科・専攻
法律経済学科
講座
法政研究
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
学歴
筑波大学大学院人文社会科学研究科 博士課程・博士後期課程 (2012年04月01日~2016年03月31日)
学位
2016.03 博士(学術) 筑波大学
2012.03 修士(国際学) 筑波大学
2010.03 学士(国際関係学) 筑波大学
所属学会
社会政策学会 日本NPO学会
社会活動
 
職歴
2016.04~2017.03 筑波大学人文社会系 特任研究員
学術(芸術)賞
DISC 2015, IMC Award,エネルギー政策をめぐる政治ネットワークに関する研究,2015.10,韓国テグ国際社会ネットワーク学会
専門分野
政治学、日本政治、政治過程論、司法と政治
現在の研究課題
政治学、日本政治、政治過程論、利益集団論、司法と政治
担当科目
 
主な業績等
――著書――
・Sae Okura & Muneo Kaigo (2017). “Japanese Local Government Facebook Profiles” Muneo Kaigo (Ed.). Social Media and Civil Society in Japan, Singapore: Palgrave Macmillan, 73-96.
・Muneo Kaigo & Sae Okura (2017). “Promotion and Care of Online Communities: Necessary Elements for a Self-Sustainable Online Facebook Community” Muneo Kaigo (Ed.). Social Media and Civil Society in Japan, Singapore: Palgrave Macmillan, 121-151.
・Sae Okura & Muneo Kaigo (2017). “Who Leads Advocacy Through Social Media in Japan ?” Muneo Kaigo (Ed.). Social Media and Civil Society in Japan, Singapore: Palgrave Macmillan, 153-173.
・Muneo Kaigo & Sae Okura (2017). “Conclusion” Muneo Kaigo (Ed.). Social Media and Civil Society in Japan, Singapore: Palgrave Macmillan, 175-189.
・大倉沙江・久保慶明(2016)「第4章. 司法と行政の相克:弁護団調査からみる福島第一原発事故の損害賠償」村松岐夫・恒川恵市監修、辻中豊編『大震災に学ぶ社会科学 第1巻 政治過程と政策』 東洋経済新報社:77-98。

―――論文―――
・大倉沙江・海後宗男(2017)「地方自治体によるSNS利活用の状況とその課題-つくば市民活動のひろばを事例として-」『国際日本研究』9:31-42。
・Sae Okura & Muneo Kaigo (2017) "An Analysis of Japanese Local Government Facebook Profiles" Proceedings of the International Conference for E-Democracy and Open Government Asia 2016: 67-79.
・Sae Okura & Muneo Kaigo (2016) "Who Leads Advocacy through Social Media in Japan? Evidence from the “Tsukuba Civic Activities Cyber-Square” Facebook Page" Information 7(4): 1-12.
・Muneo Kaigo & Sae Okura (2016) "Exploring Fluctuations in Citizen Engagement on a Local Government Facebook Page in Japan" Telematics and Informatics 33(2): 584-595.
・Sae Okura, Leslie Tkach-Kawasaki, Yohei Kobashi, Manuela Hartwig, and Yutaka Tsujinaka (2016) "Analysis of the Policy Network for the "Feed-in Tariff Law" in Japan: Evidence from the GEPON Survey" Journal of Contemporary Eastern Asia 15(1): 41-63.
・Manuela Hartwig, Sae Okura, Leslie Tkach-Kawasaki & Yohei Kobashi (2016) "Identifying the “Fukushima Effect”: Assessing Japanese Mass Media Coverage of International Nuclear Power Decisions" Journal of International Advanced Japanese Studies 8: 109-124.
・海後宗男, 大倉沙江, 李菁菁, 林静芝, Stubic Neven(2015)「大学生における政治家の知名度」『国際日本研究』7:121-128。
・大倉沙江(2015)「障害者福祉政策の政策決定過程における障害者団体の動向: 自公政権下における障害者自立支援法の成立とその修正の過程を事例として」『国際日本研究』 7 167-181。
・Manuela Hartwig, Yohei Kobashi, Sae Okura, Leslie Tkach-Kawasaki (2015) "Energy policy participation through networks transcending cleavage: an analysis of Japanese and German renewable energy promotion policies" Quality & Quantity: International Journal of Methodology 49(4): 1485-1512.
・大倉沙江(2014)「裁判所を通じたロビイング:主要団体による裁判所の利用とその特徴に関する分析」 『筑波法政』 61 81-111。
・海後宗男・大倉沙江(2014)「市民活動SNSへの参加促進要因に関する研究:つくば市民活動のひろばを事例として」 『情報通信学会誌』32(2):67-81。
・大倉沙江(2014)"生活保護制度の政策過程における福祉団体の行動様式:2000年代の生活保護改革を事例として" Proceedings of the 18th Conference of The Japanese Studies Association of Australia peer-reviewed full papers: 1-17.
・大倉沙江(2013)「日本の福祉分野における団体動向の複線性:第二次団体の基礎構造に関する調査を用いて」『筑波大学地域研究』34:271-294。

――翻訳――
・趙秀梅(2014)「国際社会と草の根NGO」辻中豊・李景鵬・小嶋華津子編『現代中国の市民社会・利益団体:比較のなかの中国:北京市,浙江省,黒竜江省調査(2001-2011)に基づく実証分析』 木鐸社(趙秀梅との共訳)。

――報告書――
・大倉沙江(2015)「福祉団体の存立・行動様式とその変化: 3時点の時系列比較を通じて」辻中豊編『第三次団体の基礎構造に関する調査(日本・社会団体調査)報告書』 筑波大学。
・大倉沙江(2015)「東日本大震災後の原発賠償に関する調査: 結果報告」辻中豊編『ICR Research Report 2015: 東日本大震災への政治学的アプローチ』 筑波大学。
・大倉沙江(2014)「福祉団体の存立・行動様式」辻中豊編『第四次団体に関する調査報告書』筑波大学。
・大倉沙江(2013)「研究に必要な情報収集・管理を目的としたシステム構築:社会福祉政策研究を事例として」『人文社会科学のための情報コミュニケーション論平成24年度報告書』 筑波大学。

――その他――
専門社会調査士(8条規定)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます