教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
わたなべ まさとし
渡邉 昌俊
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
病態解明医学講座
教育研究分野
腫瘍病理学
TEL
059-231-5010
FAX
059-232-2864
E-mail
mawata@doc.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1983.3.横浜国立大学工学部 卒業
1989.3.三重大学医学部 卒業
1993.3.三重大学大学院医学研究科 博士後期課程 修了
学位
1993.03 博士(医学) 三重大学
所属学会
日本病理学会(専門医、学術評議員)、日本癌学会(評議員)、日本臨床細胞学会(専門医)、日本臨床検査医学会(専門医、評議員)、 American Association for Cancer Research、 International Agency of Pathology、 日本消化器病学会、 日本化学工学会、レギュラトリーサイエンス学会、日本再生医療学会、日本がん疫学・分子疫学研究会(幹事)
社会活動
 
職歴
1993.04~1995.06 国立がんセンター研究所 リサーチレジデント
1995.07~1997.03 三重大学医学部 助手
1997.04~2003.03 三重大学医学部 助教授
1997.10〜1999.06 NIH/NIEHS 文部省在外研究員・客員研究員
2003.04~2017.04 横浜国立大学大学院工学研究院 教授
2003.06~2017.03 三重大学医学部 非常勤
2003.11~2006.11 横浜市立大学医学部 客員教授
2011.11~2017.03 横浜市立大学医学部 客員教授
学術(芸術)賞
前立腺がんワークショップ賞,2001.09
日本病理学会学術研究賞(秋期総会A演説),2001.11
専門分野
病理学、医工学、レギュラトリーサイエンス
現在の研究課題
前立腺腫瘍微小環境、in vitro毒性評価系構築・標準化、ナノメディシン、ナノトキシコロジー
担当科目
病理学、チュートリアル、分子生命体科学
主な業績等
1) K.Kojima, M.Watanabe et al. Combined effects of Fe3O4 nanoparticles and chemotherapyeutic agents on prostate cancer cells in vitro. Applied Sciences, 8(1), 134, 2018
2)T.Amemiya, M.Watanabe et al. Primordial oscillations in life: Direct observantion of glycolytic oscillations in individual HeLa cervical cancer cells. Chaos.27, 104602, 2017.
3)D.Kami, M.Watanabe et al. Pleiotropic functions of magnetic nanoparticles for ex vivo gene transfer. Nanomedicine, 10(6), 1165-1174, 2014.
4)D.Kami, M.Watanabe et al. Development of a Novel Semi-Quantitative Analysis System for Ultramicroscale Samples by Fluorescent Capillary Isoelectric Focusing. Biosens Bioelectron, 54, 656-60, 2014.
5)A.Sato, M.Watanabe et al. Magnetic nanoparticles of Fe3O4 enhance docetaxel-induced prostate cancer cell death. Int J Nanomed, 8, 3151-3160, 2013
6)T.Fujisawa, M.Watanabe et al. Adiponectin suppresses colorectal carcinogenesis under the high-fat diet condition. Gut, 57(11), 1531-38, 2008.
7)T.Nakayama, M.Watanabe et al. The Role of Epigenetic Modifications in Retinoic Acid Receptor β2 Gene Expression in Human Prostate Cancers. Lab Invest, 81(7), 1049-1057, 2001.
8)T.Nozaki, M.Watanabe et al. Syncytiotrophoblastic giant cells in teratocarcinoma-like tumors derived from Parp-disrupted mouse embryonic stem cells. Pro Natl Acad Sci USA, 96(23), 13345-13350, 1999.
9)M.Watanabe, K.Fukutome et al. Differences in the p53 gene mutational spectra of prostate cancers between Japan and Western countries. Carcinogenesis, 18(7), 1355-1358, 1997.
10)H.Kakiuchi, M.Watanabe et al. Specific 5'-GGGA- to -5'GGA- mutation of the Apc gene in rat colon tumors induced by 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine. Proc Natl Acad Sci USA, 92(3), 910-914, 1995.






教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます