三重大学教員紹介

教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
とりやべ くにあき
鳥谷部 邦明
生年月
1983.01
所属
部局
附属病院
学科・専攻
高度生殖医療センター
講座
 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
t-kuniaki@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
弘前大学 学士課程 (2002年04月01日~2008年03月31日) 卒業・修了
三重大学大学院 博士課程・博士後期課程 (2013年04月01日~2018年03月31日) 卒業・修了
学位
2018.03 医学博士 三重大学大学院医学系研究科博士課程生命医科学専攻
所属学会
日本産科婦人科学会 日本周産期・新生児医学会 日本臨床細胞学会 日本産婦人科・新生児血液学会 日本性感染症学会
社会活動
 
職歴
2008.04~2010.03 鈴鹿中央総合病院 医師 初期研修医
2010.04~2011.03 三重大学医学部附属病院 産婦人科 医師 医員
2011.04~2013.03 三重県立総合医療センター 産婦人科 医師
2013.04~2013.09 三重大学医学部附属病院 産婦人科 医師 医員
学術(芸術)賞
第58回日本農村医学会学術総会初期臨床研修医セッション優秀演題賞,急性腎不全を合併したサルモネラ胃腸炎の1例,2009.11,日本農村医学会
第25回日本産婦人科・新生児血液学会学術集会学術奨励賞,三重県での妊婦サイトメガロウイルスIgG、IgMスクリーニングについて,2015.06,日本産婦人科・新生児血液学会
平成27年度三重県医師会医学研究奨励賞,三重県での妊婦サイトメガロウイルス抗体スクリーニング(多施設共同前向きコホート研究),2015.10,三重県医師会
専門分野
 
現在の研究課題
サイトメガロウイルス母子感染の検査に関する研究 母子感染の実態把握及び検査・治療に関する研究 厚生労働科学研究補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)分担協力
担当科目
 
主な業績等
(共著)A case of usual(basaloid)-type vulvar intraepithelial neoplasia that failed to respond to imiquimod cream: clinical implications 共著 2011.01 Int J Clin Oncol 16 610-612
(共著)Cotyledonoid dissecting leiomyoma treated by laparoscopic surgery: A case report 共著 2013 Asian J Endosc Surg 122-125
(筆頭)Pregnancy and cesarean delivery after multimodal therapy for vulvar carcinoma: A case report. 共著 2016.11 Mol Clin Oncol 5 583-586
(筆頭)Anti-cytomegalovirus immunoglobulin M titer for congenital infection in first-trimester pregnancy with primary infection: a multicenter prospective cohort study 共著 2017.12 J Perinatol 37 1272-1277
(共著)Management of fetal growth restriction using the contraction stress test: a case-control study. 共著 2018.04 J Matern Fetal Neonatal Med.


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます