職名 准教授
氏名 かわなか ひろはる
川中 普晴
生年月 1976.12
所属 部局 工学研究科
学科・専攻 電気電子工学専攻
講座 情報・通信システム工学
教育研究分野 情報処理
TEL 059-231-9737
FAX 059-231-9737
E-mail kawanaka@elec. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ http://www.ip.elec.mie-u.ac.jp/~kawanaka/
学歴 1999 三重大学工学部 電気電子工学科 卒業
2004 三重大学大学院工学研究科 システム工学専攻 博士後期課程 修了
2009 三重大学大学院医学系研究科 生命医学専攻 博士課程 修了
1999 三重大学工学部 電気電子工学科 卒業
2004 三重大学大学院工学研究科 システム工学専攻 博士後期課程 修了
2009 三重大学大学院医学系研究科 生命医学専攻 博士課程 修了
学位 2004.03 博士(工学) 三重大学
2009.03 博士(医学) 三重大学
所属学会 日本知能情報ファジィ学会
電子情報通信学会
日本医療情報学会
日本Mテクノロジー学会
日本人間工学会
IEEE
HIMSS
社会活動 株式会社医用工学研究所 取締役(〜2021年1月)
財団法人 人工知能研究振興財団,人工知能技術に関する調査研究委員会委員
社会福祉法人 太陽の里 評議員
社会福祉法人 松阪仏教愛護園 評議員
社団法人 電気学会,平成21年度産業応用部門大会実行委員会・広報担当
文部科学省 保健医療分野におけるAI研究開発加速に向けた人材養成推進委員会 委員
職歴 2004.12~ 株式会社 医用工学研究所 役員 取締役(研究開発部門)
2005.07~2006.03 三重大学 社会連携フェロー
2005.07~2006.03 株式会社 三重ティーエルオー NEDO養成技術者 産学官連携コーディネータ
2006.04~2007.03 三重大学 助手
2007.04~ 三重大学 助教
2017.01~ 三重大学 准教授
学術(芸術)賞 日本知能情報ファジィ学会 貢献賞,日本知能情報ファジィ学会
Excellent Presentation Award,SCIS & ISIS 2006
Outstanding Paper Award,ISIS2005
電気学会優秀論文発表賞,電気学会
情報学ワークショップ 奨励賞,情報学ワークショップ実行委員会・プログラム委員会
研究奨励賞,第29回医療情報学連合大会
研究奨励賞,第32回医療情報学連合大会
優秀ポスター賞,2015.12,地域イノベーション学会
IEEE Nagoya Section Student Paper Award (2016.01)
Student Poster Awards,2020.05,IEEE LifeTech 2020
専門分野 ソフトコンピューティングとその応用
医療情報学
福祉情報システム
文書画像処理
医工連携
現在の研究課題 病理画像処理に関する研究
認知証評価システムに関する研究
OCT画像処理に関する研究
担当科目 計算機基礎
基礎微分積分学II
電気電子工学計測実験
電気電子工学実験 II
主な業績等 M. U. Sumagayan, C. Premachandra, R. B. Mangorsi, C. J. Salaan, H. W. H. Premachandra and H. Kawanaka, "Detecting Power Lines Using Point Instance Network for Distribution Line Inspection," IEEE Access, Vol. 9, pp. 107998-108008, 2021 (doi: 10.1109/ACCESS.2021.3101490)

K. Umemura, H. Kawanaka, Y. Hicks, "A Study on Development of Automatic Dementia Evaluation System by Measurement of Hand Motor Function ", IEEJ Transaction on Electronics, Information and Systems, Vol. 140, No. 12, pp. 1365 - 1366, 2020 (in Japanese)

D. Saito, H. Kawanaka, V. B. S. Prasath, B. J. Aronow, "A Study on Nuclei Shape Features at the Classification of Glioma Disease Stage using CNN", IEEJ Transaction on Electronics, Information and Systems, Vol. 140,No. 12,pp. 1367 - 1368,2020 (in Japanese)

M. Ohsaki, H. Sasaki, H. Kawanaka, K. Ohnishi, S. Katagiri, "Recognition of Body Part Diagrams in Medical Records Using Histogram of Oriented Gradients and a Maharanobis-distance-based Classifier", Japan Journal of Medical Informatics, Vol. 39, No. 6, pp. 275 - 290, 2020 (in Japanese)

C. Premachandra, D. N. H. Thanh, T. Kimura, H. Kawanaka, "A Study on Hovering Control of Small Aerial Robot by Sensing Existing Floor Features", IEEE/CAA Journal of Automatica Sinica, Vol. 7, No. 4, pp. 1016 - 1025, 2020 (IF 6.72)

T. Hayakawa, V. B. S. Prasath, H. Kawanaka, B. J. Aronow, S. Tsuruoka, "Computational automatic nuclei segmentation methods in digital pathology - A survey", Archives of Computational Methods in Engineering, https://doi.org/10.1007/s11831-019-09366-4, 2019 (IF 7.36)

P. Shamoi, A. Inoue, and H. Kawanaka, "Modeling Aesthetic Preferences: Color Coordination and Fuzzy Sets", Fuzzy Sets and Systems, Vol. 395, pp. 217 - 234, 2020 (IF 3.305)

K. Takahashi, H. Kawanaka, K. Tanaka, N. Nishimura, and S. Tsuruoka, "Generation of Regional-brand Products with Research Collaboration in Less-populated Areas", Journal of the Japan Society for Intellectual Production, Vol. 15, No. 1, pp. 41 - 49, 2019 (in Japanese)

K. Takahashi, H. Kawanaka, K. Tanaka, "Smartphone Case Design with Fall Prevention Function --- Derived Shapes by 3D Data Analysis of Grip Forms and Traditional Techniques", Transactions of Japan Society of Kansei Engineering, Vol. 18, No. 2, pp. 147 - 150, 2019 (in Japanese)

A. Yonekura, H. Kawanaka, V. B. Surya Prasath, B. J. Aronow, H. Takase "Automatic disease stage classification of glioblastoma multiforme histopathological images using deep convolutional neural network", Biomedical Engineering Letters, Vol. 8, pp. 321 - 327, 2018 (IF 2.987)