職名 特任教授
氏名 おだあつこ
小田 敦子
生年月 1956.05
所属 部局 人文学部
学科・専攻  
講座  
教育研究分野  
TEL  
FAX  
E-mail oda@ars. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ  
学歴 神戸市外国語大学外国語学部英米学科 学士課程 (1975年~1979年) 卒業・修了
関西学院大学大学院文学研究科英文学専攻 博士課程・博士後期課程 (~1985年) 満了
奈良女子大学大学院文学研究科英文学専攻 修士課程・博士前期課程 (1979年~1982年) 卒業・修了
学位 1982.03 文学修士 奈良女子大学
所属学会 日本英文学会 日本アメリカ文学会 Nathaniel Hawthorne Society ソロー学会 日本ナサニエル・ホーソーン協会
社会活動  
職歴 1987.04~1989.03 三重大学 文部教官 講師
2014.04~2017.03 三重大学教養教育機構 教授
2017.04~2020.03 三重大学人文学部 教授
学術(芸術)賞  
専門分野 19世紀を中心にアメリカ文学
現在の研究課題 エマソン、ホーソーンなど南北戦争前のアメリカ文学
担当科目 アメリカ研究総論 アメリカ文学演習K アメリカ文学演習L 英語Ⅰコミュニケーション 英語ⅠプレTOEIC 英語Ⅰ大学基礎 現代英語演習Ⅳ 卒業研究 米文学演習Ⅰ
主な業績等 The Blithedale Romanceとエマスンの "Experience" 単著 2002.12 Philologia 34 105-121
"The Old Manse"とエマスン的シンボルとしてのコンコード川 単著 2003.12 Philologia 35 165-179
"My Kinsman, Major Molineux" 再読―エマスンの観点から― 単著 2006.03 Philologia 37 123-136
亀井俊介監修『アメリカ:文学史・文化史の展望』書評 単著 2006.11 英文学研究 XLLLIII
エマソンのマスター・ワード 共著 2007.11 『アメリカン・ルネサンスの現在形』 52-89
"A Stroke of Genius":エマスンの詩 "The Snow-Storm" 単著 2008.03 Philologia 39 79-96
エマスンの詩 “Woodnotes II” と土地の霊(Genius Loci) 単著 2009.03 人文論叢 26 75-84
エマスンの詩:―エッセイの巻頭詩について― 単著 2010.03 Philologia 41 95-109
過剰な自然―エマスンのエッセイと詩― 単著 2011.03 Philologia 42 107-117
“The Secularity of Nature”―エマスンのエッセイと詩― 単著 2012.03 Philologia 43 35-48
エマスンの『自然』における "Spirit"と "Genius" 単著 2013.03 Philologia 44 49-61
エマソンの「歴史」と「自然史」 単著 2016.03 Philologia 47 41-51
The Conduct of Lifeにおけるエマソンの自然観 単著 2017.03 Philologia 48 37-53
『ブライズデール・ロマンス』における超絶主義芸術家の「陰鬱な仮面『異相の時空間―アメリカ文学トユートピア』 共著 2011.05 英宝社
エマソン詩選 共著 2016.05 未來社
Emerson and Thoreau as Writers in Hawthorne’s Biographical Sketch, “The Old Manse.” Thoreau in the 21st Century :Perspectives from Japan. Ed. Masaki Horiuchi 金星堂 2017 200-215
堀内正規著『エマソン―自己から世界へ―』「現代を生きるエマソンの文学―エマソン研究の今を伝える刺激的な議論」2018年2月10日『図書新聞』3338号 4
エマソンの ”Self-Reliance”とスマイルズの“Self-Help”単著 2020 Philologia 51 25-42