職名 助教
氏名
山下 芳樹
生年月  
所属 部局 医学系研究科
学科・専攻 医学・看護学教育センター
講座  
教育研究分野  
TEL  
FAX  
E-mail  
個人のホームページ  
学歴 三重高田高校中途退学 1987年11月
大学入学資格検定合格 1988年9月
愛媛大学医学部医学科 学士課程 (1991年04月01日~1997年03月31日)
三重大学大学院医学系研究科 博士課程・博士後期課程 (1999年04月01日~2003年03月31日)
学位 2014.12 医学博士 三重大学


所属学会 日本内科学会
臨床腫瘍学会
日本血栓止血学会
社会活動 ・講演活動(市民公開講座)
第10回三重市民公開講座・安心して受けられる癌治療のために-がん治療の近未来-もうすぐこうなる癌治療 (四日市文化会館第2ホール, 2015年5月24日)
第9回三重市民公開講座・安心して受けられる癌治療のために
(四日市文化会館第2ホール, 2014年5月18日)
第8回三重市民公開講座・安心して受けられる癌治療のために
(四日市文化会館第2ホール, 2013年) 
第7回三重市民公開講座・安心して受けられる癌治療のために-見て、聞いて、話して、安心して治療を受けよう (四日市文化会館第2ホール, 2012年7月8日 )
第6回三重市民公開講座・安心して受けられる癌治療のために
(四日市文化会館第2ホール, 2011年7月)
第5回三重市民公開講座・安心して受けられる癌治療のために
(四日市文化会館第2ホール, 2010年5月30日)
(企画、司会、パネリスト)
など

・疾患啓発活動
ブルーリボン アンバサダー(2014年6月~ )

・教育活動 (医療過疎地域における医学教育活動)
三重県立長島高等学校 (非常勤教員,医学概論担当, 2000年度)

・地域社会活動
津市南立誠地区自主防災協議会 (防災会長,2021年4月~ )
津市南立誠地区自治会連合会 (自治会長,2021年4月~ ) 
津市南立誠地区社会福祉協議会 (会員)
日本赤十字社三重県支部 (協賛委員)

・新型コロナウイルス感染症関連
地域外来・検査センター(公益社団法人津地区医師会, 検体採取担当)
職歴 三重大学医学部附属病院・研修医
松阪市民病院 内科
新宮市立医療センター 内科
長島回生病院 (兼任:三重県立長島高等学校 非常勤教員, 紀北町立老人ホーム赤羽寮 施設長)
遠山病院 内科
三重大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科・医員
国立がん研究センター東病院 短期レジデント
三重大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科・助教
三重大学医学系研究科 医学・看護学教育センター・助教(現職)
腫瘍内科 外来医長 (2013.4~)
血液・腫瘍内科 教育医長 (2021.2~)
学術(芸術)賞 教育貢献賞,2012.03,医学部長
専門分野 専門科、診療担当など
・内科学 (日本内科学会総合内科専門医)
腫瘍内科外来, 腫瘍内科病棟担当
・新型コロナウイルス関連
帰国者・接触者外来担当(2021.10終了)
他に院内接触者検査など担当
現在の研究課題 内科学、腫瘍内科学、医学教育
・血栓性微小血管症(TMA)の病態解析ならびに診断方法の検討
・悪性腫瘍における過凝固状態
・心理学的研究の職場環境や学習環境への応用と実践
担当科目 1,2年生:地域基盤型保険医療実習 (四日市市,鳥羽市担当)
3,4年生:地域基盤型保険医療実習 (地域病院実習担当)
4,5,6年生:臨床実習(血液・腫瘍内科教育医長,クリニカルクラークシップ委員)
主な業績等 ・主要論文(筆頭著者)
1.Elevated plasma level of soluble C-type lectin-like receptor2(CLEC2) in patients with thrombotic microangiopathy. Thromb Res.2019 Jun; 178:54-58.
2.Elevated fibrin-related markers in patients with malignant diseases frequently associated with disseminated intravascular coagulation and venous thromboembolism. Intern Med.2014 Mar; 53(5): 413-419.
3.Elevated plasma level of soluble platelet glycoprotein VI(GPVI) in patients with thrombotic microangiopathy. Thromb Res. 2014 Mar; 133(3): 440-444.
4.悪性腫瘍における過凝固状態(総説).臨床病理 日本臨床検査医学会誌.2016 Jan; 63(12): 1435-1442.

・主要論文 (共著)
1.Clot Waveform Analysis Demonstrates Low Blood Coagulation Ability in Patients with Idiopathic Thrombocytopenic Purpura. J.Clin. Med. 2021 Dec;10(24):5987
2.The Reevaluation of Thrombin Time Using a Clot Waveform Analysis. J. Clin. Med. 2021 Oct;10(21):4840
3.Soluble C-Type Lectin-Like Receptor 2 Is a Biomarker for Disseminated Intravascular Coagulation. J. Clin. Med. 2021 june;10(13):2860
4.The Evaluation of Hemostatic Abnormalities Using a CWA-Small Amount Tissue Factor Induced FIX Activation Assay in Major Orthopedic Surgery Patients. Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis.2021 May;27:1-8
5.Risk factors for cisplatin-induced acute kidney injury: A pilot study on the usefulness of genetic variants for predicting nephrotoxicity in clinical practice. Mol Clin Oncol. 2020 Nov; 13(5): 58.
6.Usefulness of the APTT waveform for the diagnosis of DIC and prediction of the outcome or bleeding risk. Throm J.2019 Jun 28; 17: 12.
7.Routine measurements of factor VIII activity and inhibitor titer in the presence of emicizumab utilizing anti-idiotype monoclonal antibodies: comment. J Thromb Heamost. 2019 Mar; 17(3): 555-556.
8.An evaluation of hemostatic abnormalities in patients with Hemophilia according to the activated partial thromboplastin time waveform. Clin Appl Thromb Hemost. 2018 Oct; 24(7): 1170-1176.
9.Congenital Thrombophilia in Patients With Superior Mesenteric Venous Thrombosis or Portal Vein Thrombosis. Clin Appl Thromb Hemost. 2018 Oct;24(7):1117-1121.
10.Modified clot waveform analysis to measure plasma coagulation potential in the presence of the anti-factor IX/factor X bispecific antibody emicizumab: comment. J Thromb Haemost. 2018; 16: 1665-1666
11.An evaluation of the activated parcial thromboplastin time waveform. Clin Appl Thromb Hemost. 2018 July; 24(5): 764-770.
12.The evaluation of D-dimer levels for the comparison of fibrinogen and fibrin units using different D-dimer kits to diagnose VTE. Clin Appl Thromb Hemost. 2018 May; 24(4): 655-662.
13.A monitoring of hemostatic abnormalities in major orthopedic surgery patients treated with edoxaban by APTT waveform. Int J Lab Hematol. 2018 Feb; 40(1): 49-55.
14.The evaluation of fibrin-related markers for diagnosis or predicting acute or subclinical venous thromboembolism in patients undergoing major orthopedic surgery. Clin Appl Thromb Hemost. 2018 Jan; 24(1): 107-114.
15.Evaluation of the diagnostic criteria for the basic type of DIC established by Japanease Society of Thrombosis and Hemostasis. Clin Appl Thromb Hemost. 2017 Oct; 23(7): 838-843.
16.An evaluation of the modified diagnostic criteria for DIC established by the Japanease society of thrombosis and hemostasis. Clin Appl Thromb Hemost. 2017 Sep;23(6): 579-584.
17.Fibrin-related markers for diagnosing acute-, subclinical-, and pre-venous thromboembolism in patients with major orthopedic surgery. Int J Hematol. 2016 May;103(5):560-6.
18.The efficacy of the administration of recombinant human soluble thrombomodulin in patients with DIC. Int J Hematol. 2016 Feb;103(2):173-9
19.Elevated soluble platelet glycoprotein VI is a useful marker for DVT in postoperative patients treated with edoxaban. Int J Hematol. 2014 Nov;100(5):450-6.

総説(共著)
1.Progress in diagnosis and treatment for disseminated intravascular coagulation. Rinsho Ketsueki. 2015 Feb;56(2):169-76.
2.Natural history of thrombotic thrombocytopenic purpura and hemolytic uremic syndrome. Semin Thromb Hemost. 2014 Nov;40(8):866-73.
3.Disseminated intravascular coagulation: testing and diagnosis. Clin Chim Acta. 2014 Sep 25;436:130-4.
4.Diagnosis of thrombosis by hemostatic markers. Nihon Rinsho. 2014 Jul;72(7):1232-6.
5.Diagnosis and treatment of disseminated intravascular coagulation (DIC) according to four DIC guidelines. J Intensive Care. 2014 Feb 20;2(1):15.


・著書
徹底ガイド DICのすべて2019-2020 共著 2018.11
今日の新しい臨床検査 共著 2016.09
診療ガイドラインUP-TO-DATE2014-2015 共著 2014.05 メディカルレビュー社
腫瘍薬学 共著 2010.04 南山堂