職名 准教授
氏名
田端 千夏子
生年月  
所属 部局 工学研究科
学科・専攻 建築学専攻
講座 建築マネジメント
教育研究分野  
TEL 059-231-9864 (直通)
FAX 059-231-9452 (共通)
E-mail  
個人のホームページ  
学歴  
学位 2008.09 博士(工学) 熊本大学
所属学会  
社会活動  
職歴  
学術(芸術)賞
専門分野 木質構造 建築構法
現在の研究課題  
担当科目  
主な業績等 張力を導入した薄鋼板製面構造屋根の実大試験とその構造的評価 共著 2012.06 日本建築学会技術報告集 第18巻 547-552
特集:耐震補強による既存木造住宅の耐力UP術 Ⅲ建築時期から辿る既存木造住宅の構造的進展 基礎・壁・接合部の構造的変遷 共著 2012.07 建築技術 98-103
特集:耐震補強による既存木造住宅の耐力UP術 Ⅲ建築時期から辿る既存木造住宅の構造的進展 建築年代による木造住宅の耐震性能 共著 2012.07 建築技術 94-97
Chronological Transition of Urban Form of Brock 70 in New Belgrade, Serbia, 1945-Present 共著 2013.03 Journal of Habitat Engineering and Design 5-1 75-86
Transformative Structural Elements in Modern Architecture Collective Housing: Their Application, Effectiveness and Lifetime 共著 2013.10 International Conference on Adaptation and Movement in Architecture,Toronto, Canada, 10-12 October 2013 1 1-14
GEOGRAPHIC DISTRIBUTION OF CONSTRUCTION SYSTEMS AND MATERIALS OF TIMBER-FRAMED HOUSES IN JAPAN 単著 2014.08 World Conference on Timber Engineering 2014 CD 1-9
A Proposal of the Objective Assessment Method on Degree of Freedom of Transformation (DFT) for Housing Buildings 共著 2014.09 Journal of Habitat Engineering and Design 6 95-106
Research on the transition of wooden construction method for houses:in Japan - on Kanto region 共著 2016.08 World Conference on Timber Engineering 2016 CD 1-9
A STUDY ON THE ASSESSMENT METHOD OF TRANSFORMABILITY:OF SKELETON-INFILL APARTMENT BUILDINGS:Through attempted case studies on three example buildings built between 1983-99:スケルトン・インフィル型集合住宅の変形可能性の評価方法に関する研究:1983 ~ 99 年に建設された三事例の試行分析をもとに 共著 2017.01 日本建築学会計画系論文集 第82巻 61-69
空き家を含む京都の町屋長屋の構造評価 単著 2017.06 日本建築学会技術報告集 23 756-756
A Experimental Study on the Steel Sheet Reinforced Synthetic Wood Beam 共著 2017.10 Proceedings of the 24th Tri-U International Joint Seminer and Symposium 2017 1 1-4
A Study on the Structural Characteristics of Glued-Laminated-Beams of Sectional Variants through Scale-Model Experiments 共著 2017.10 Proceedings of the 24th Tri-U International Joint Seminer and Symposium 2017 1 1-4
A Experimental Study on the Steel Sheet Reinforced Synthetic Wood Beam 共著 2018.11 Proceedings of the 25th Tri-U International Joint Seminer and Symposium 2017 1 1-4
Design Process of the Yonago Public Hall by the T. Murano– Mori Architect Office Reconstruction of formal manipulations through morphological analysis of design sketches and drawings 共著 2020 Japan Architectural Review 未 1-20
村野・森建築事務所の米子市公会堂の設計過程 設計スケッチ・図面の分析を通じた形態操作の再構成 共著 2020 日本建築学会計画系論文集 未 1-11
既存木造軸組構法住宅の耐震性評価の精度向上のための常時微動の活用に関する研究:実測値と理論値の関係 共著 2011.10 日本建築学会技術報告集 17巻 873-878
菱形込栓打ち接合の引張性能:特集伝統的構法による木造住宅の性能検証-設計法の考え方 単著 2010.12 建築技術 166-167
木質構造住宅 微動をはかる 共著 2009.04 建築防災 通巻 23-26
Study on seismic diagnosis for wooden structures :Part 1: Comparison between seismic diagnoses 共著 2008.06 CD-ROM
Resistance of deep penetration fillet weld 共著 2007.12 CD-ROM
微動測定とその耐震診断への応用の可能性:木造建築物の耐震診断法に関する研究その2 共著 2007.06 日本建築学会構造系論文集 141-147
木造建築物の耐震診断法に関する研究:新旧耐震診断法の比較および評点と被災度の関係 共著 2006.01 日本建築学会構造系論文集 119-125
特集 兵庫県南部地震から10年【最新】木造住宅の耐震診断と補強方法  共著 2005.12 建築技術 No.661 150-153
木造住宅の耐震診断手法の開発研究:新旧診断法の比較 共著 2004.08 日本建築学会大会学術講演梗概集C-1 125-126
木造軸組住宅の壁の再評価に基づく耐震診断法の研究 単著
菱形込み栓の接合部試験(全国要素試験) 単著
異形断面木質部材の開発とエコロジカル・ビルディング・プロトタイプの制作 共著
三重大学キャンパスマスタープラン2017 共著
平成28年(2016年)熊本地震被害報告書 各種建物の被害調査 共著
平成28年(2016年)熊本地震被害報告書 熊本県益城町木造家屋被害調査 共著
平成28年(2016年)熊本地震被害報告書 熊本県西原村大切畑地区 共著
三重大学キャンパスマスタープラン2018 共著
連続成形による木質ハンドレールのプロトタイプの制作およびその製造方法の探求 共著
三重大学 交通マスタープラン2019 共著
三重大学キャンパスマスタープラン2018 共著
東員第一中学校基本構想 共同研究報告書 共著
東員町学校施設整備基本構想(概要版) 共著
三重大学のキャンパスプラン70年の蓄積と創立100年への眼差し 三重大学環境・情報科学館 2019.12