職名 准教授
氏名 かないわ みのる
金岩 稔
生年月  
所属 部局 生物資源学研究科
学科・専攻 生物圏生命科学専攻
講座 海洋生物学
教育研究分野 海洋個体群動態学
TEL 059-231-9633
FAX  
E-mail kanaiwa(a)bio.mie-u.ac.jp
個人のホームページ  
学歴 三重大学大学院生物資源学研究科後期課程修了
学位 学術博士
所属学会 水産海洋学会、日本魚類学会、個体群生態学会
社会活動  
職歴 University of Maine
日本NUS
東京農業大学
学術(芸術)賞 特になし
専門分野 水産資源学、保全生態学
現在の研究課題  
担当科目 海洋個体群動態学
生物統計学
主な業績等 山本敦也, 菅野貴久, 町田善康, 中束明佳, 鈴木雅也, 田中智一朗, 金岩 稔. 2019 ドローンテレメトリーを用いた北海道小河川に移入したウチダザリガニ抱卵メスの越冬環境の特定. 応用生態工学(印刷中)
片平浩孝, 山本敦也, 増渕隆仁, 今津雄一郎, 山口泰代, 渡邊典浩, 金岩 稔. 2019遊漁者アンケートからみたアユ冷水病対策. 水産増殖67:191-195
町田 善康, 山本 敦也, 秋山 吉寛, 野本 和宏, 金岩 稔, 神保 貴彦, 岩瀬 晴夫, 橋本 光三. 2019複数の手作り魚道はサケ科魚類の生息場所の回復に寄与したのか?. 応用生体工学 21: 181-189
菅野貴久, 山本敦也, 金岩稔. 2018 北海道北見市における国内外来種モツゴの定着状況. 魚類学雑誌 66: 87-91
井上誠章, 南部亮元, 桑原久美, 桑本淳二, 横山純, 金岩稔. 2018. 長崎県壱岐周辺海域における人工漁礁の利用状況とメダイおよびマダイ資源密度に与える人工漁礁の効果. 日本水産学会誌84: 1010-1016
Shimose, T., M. Kanaiwa and T. Tanabe. 2018 Influence of the fat content on the auction price of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis at Japanese fish markets. Fisheries Research 204: 224-230.
平岡優子, 金岩 稔, 福田漠生, 大島和浩, 甲斐幹彦. 2017. 階層的引きのばし手法を用いて推定した定置網により漁獲されたクロマグロのサイズ組成. 日本水産学会誌84: 2-13
Shimose, T., Y. Aonuma, T. Tanabe, N. Suzuki and M. Kanaiwa. 2017. Solar and lunar influences on the spawning activity of Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) in the south-western North Pacific spawning ground. Fisheries Oceanography 27: 76-84.
ano, T., S. Ohshimo, M. Kanaiwa, T. Hattori, M. Fukuwaka, T. Nagasawa and S. Tanaka. 2017. Spatial distribution analysis of the North Pacific spiny dogfish, Squalus suckleyi, in the North Pacific using generalized additive models. Fisheries Oceanography 26: 668-679.
Kanaiwa, M., Y. Yamamoto, Y. Hiraoka, M. Kato, G. Ishimura and H. Katahira. 2016. Euryphorus brachypterus (Copepoda: Caligidae) on wild Pacific bluefin tuna from the Tsugaru Straight, northern Japan. Parasitology International 65:268-270.