職名 准教授
氏名
森本 英嗣
生年月  
所属 部局 生物資源学研究科
学科・専攻 共生環境学専攻
講座 農業土木学
教育研究分野 応用地形学
TEL  
FAX  
E-mail  
個人のホームページ http://www.bio.mie-u.ac.jp/kyosei/doboku/RE_Planning/index.html
学歴 三重大学 生物資源学部 共生環境学科 2004.03 卒業
三重大学大学院 生物資源学研究科 共生環境学専攻 修士課程 2007.03 修了
京都大学大学院 農学研究科 地域環境学専攻 博士後期課程 2011.03 単位取得退学
学位 博士(農学)京都大学 2011.05
所属学会 農業農村工学会
農村計画学会
日本エネルギー学会
環境情報科学センター
社会活動  
職歴 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 2010.04-2011.03
内外エンジニアリング(株)技術一部 2011.04-2012.03
東京理科大学 理工学部 経営工学科 助教 2012.04-2015.08
長野大学 環境ツーリズム学部 助教 2015.09-2016.03
長野大学 環境ツーリズム学部 准教授 2017.04-2019.03
三重大学大学院 生物資源学研究科 2019.04-現在
学術(芸術)賞 農村計画学会 2013年度 ベストペーパー賞
農村計画学会 2018年度 奨励賞(論文)
専門分野 農業土木学・農村計画学
現在の研究課題  
担当科目  
主な業績等 S. Hashimoto, Y. Sato and H. Morimoto (2019): Public-private collaboration in allotment garden operation has the potential to provide ecosystem services to urban dwellers more efficiently, Paddy and Water Environment

森本英嗣,佐藤 茂,石澤公明,新井 健(2016):小規模遊休農地の活用に向けたエネルギー作物としてのヤナギ試算の基礎的研究-経済的視点からの考察-,農村計画学会誌,35(1),pp.43-50.

森本英嗣,佐藤 茂,小井土賢二(2016):小規模農地における短期伐採可能なエネルギー作物ヤナギの収穫方法の提案,日本エネルギー学会誌,95,pp.152-155.

村中博紀,山下良平,新井 健,森本英嗣(2014):コンパクトシティ政策による政策実行コストと都市周辺地域への影響評価,地域学研究,44(2),pp.241-253.

山村紘史,山下良平,新井 健,森本英嗣(2014):関係主体の相互認識に着目したシティプロモーションの実効性評価-浜松市における取り組みを事例として-,地域学研究,43(4),pp.487-500.

森本英嗣(2013):メタン発酵消化液利用および耕作放棄地活用方法としてのヤナギ生産の可能性,環境情報センター,環境情報科学学術研究論文集27,pp.61-66.

森本英嗣(2013):包絡分析による観光農業経営の効率性評価,農村計画学会誌,32(論文特集号),pp.335-340.

森本英嗣,土井和之,柚山義人,仲上健一,星野 敏(2009):バイオマス総合利活用評価モデルの開発,農業農村工学会誌,水土の知,77(8),pp.631-634.

森本英嗣,星野 敏,九鬼康彰(2011):DEAを適用したバイオマス利活用の多基準評価,農業農村工学会論文集,79(2),pp.87-95.

山下良平,吉田有希,星野 敏,九鬼康彰,森本英嗣(2011):メタゲーム論的思考によるメタン発酵消化液の液肥利用普及シナリオの記述と課題抽出,農村計画学会誌, 29(4),pp.463-472.

森本英嗣,橋本 禅,星野 敏,九鬼康彰(2010):バイオマスタウンを軸とした木質バイオマスの広域利用に関する評価-兵庫県宍粟市を中心とした地域を対象に-,農村計画学会誌,29(論文特集号),pp.191-196.

森本英嗣,土井和之,星野 敏,柚山義人,九鬼康彰(2009):バイオマス利活用総合評価モデルの開発とその適用-バイオマスタウン構想公表38市町村を対象として-,農村計画学会誌,27(論文特集号),pp.317-322.