職名 助教
氏名 くりや けんじ
栗谷 健志
生年月 1988.05
所属 部局 生物資源学研究科
学科・専攻 生物圏生命科学専攻
講座 生命機能化学
教育研究分野 栄養化学
TEL 059-231-9610
FAX  
E-mail kuriya@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ  
学歴 2011.03 三重大学生物資源学部 学士過程 卒業
2013.03 三重大学大学院医学系研究科医科学専攻 修士課程 修了
2016.03 三重大学大学院生物資源学研究科生物圏生命科学専攻 博士後期課程 修了
学位 2016.03 学術博士 三重大学
所属学会 日本農芸化学会 日本生化学会 日本食品科学工学会 日本分子生物学会 日本エピジェネティクス研究会
社会活動  
職歴 2016.04 三重大学大学院生物資源学研究科 特任助教
2018.10 三重大学大学院生物資源学研究科 助教
学術(芸術)賞  
専門分野 栄養化学 生化学 分子細胞生物学 発生学
現在の研究課題 広葉樹茶成分の機能性に関する研究
緑茶成分の細胞分化制御に関する研究
小豆成分の機能性と味覚に関する研究
担当科目 栄養化学演習 栄養化学特論 生命機能化学実験実習 化学実験 卒業研究
主な業績等 [学術論文]
・Direct Visualization of Replication Dynamics in Early Zebrafish Embryos. (共著) Biosci. Biotechnol. Biochem. 2016, 80(5), 945-948.
・Direct visualization of DNA replication dynamics in zebrafish cells. (共著) Zebrafish 2015, 12(6), 432-439.
・The CDK-PLK1 axis targets the DNA damage checkpoint sensor protein RAD9 to promote cell proliferation and tolerance to genotoxic stress.(共著)eLife. 2017, 6: e29953.
・Antiosteoporotic Effects of Acer palmatum Extract on Osteoclastogenesis and Osteoblastogenesis. (共著) J. Med. Food 2019, 22(4), 365–373.
・Isolation and characterization of antihyperglycemic compounds from Vigna angularis extracts. (共著) J. Food Sci. 2019, 84(11), 3172-3178.
・Tea extract increases cell fusion via regulation of cell surface DC-STAMP. (共著) Biochem Biophys Rep. 2020, under publishing.

[その他]
・Analyses of DNA replication and cell cycle using zebrafish-derived cells. (共著) The Sixth International Workshop on Regional Innovation Studies (IWRIS2014), 2014, 8-11.