職名 准教授
氏名 なかがわ ゆうや
中川 右也
生年月 1980.08
所属 部局 教育学部
学科・専攻 英語教育
講座  
教育研究分野  
TEL 059-231-9316
FAX  
E-mail nakagawa@edu. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ  
学歴 神戸市外国語大学大学院外国語学研究科修士課程修了
学位 修士(英語学) 修士(英語教育学)
所属学会 英語語法文法学会 全国英語教育学会 英語授業研究学会 日本認知言語学会 外国語教育メディア学会 小学校英語教育学会 中部地区英語教育学会 関西英語教育学会 日本第二言語習得学会 大学英語教育学会
社会活動 英語教育推進研修会(三重県私学課)講師
愛知教育大学免許法認定講習講師(中学校二種外国語:英語)
名古屋市立大学非常勤講師(Grammar and Usage)
鈴鹿市教育委員会教員研修講座『ICT機器を活用した授業展開』講師
外国語教育メディア学会 学会機関誌編集委員
外国語教育メディア学会中部支部運営委員・評議員
文部科学省検定済教科書中学校外国語科用Here We Go! ENGLISH COURSE (光村図書出版)編集委員
文部科学省認証英語教育推進リーダー
小学校における英語絵本の読み聞かせ活動(一身田・橋北校区連携活動事業)
英語で遊ぼう(かがやき栗真小フェスティバル)
KASAフレームワークを活用したふり返り―深いふり返りへと導く重層的デザイン―(津市教育委員会特化研究プロジェクト:授業研究)
職歴 2020年4月~ 三重大学 教育学部 英語教育講座 准教授
学術(芸術)賞  
専門分野 第二言語習得論 認知言語学 英語教育学 教育工学 教育方法学
現在の研究課題 (1)認知言語学を英語教育に援用する研究
(2)ICTを利活用した授業研究
(3)アクティブラーニング・(e-)Portfolio等を効果的に導入するデザイン研究
(4)小学校・中学校・高等学校における英語教育研究
(5)教育機器・教材開発研究
担当科目 学部
(単独)
英語リスニングI 英作文VI:ペーパーライティング
英語科教育法I 英語科教育法Ⅱ 英語科教育法講義
中高英語教材論 ICTと英語教育 
(オムニバス)
小学校専門生活
大学院
(単独)
英語科教育特論II 英語科教育特論演習II
(オムニバス)
教育科学特別研究 教育特別研究IIA 
人文・社会系教育領域特論演習I
主な業績等 〔主な著書〕
「なぜ」がわかる英文法(単著) ベレ出版 2009
教室英文法の謎を探る(単著) 開拓社 2010
「なぜ」がわかる動詞+前置詞(共著) ベレ出版 2011
ジャズで学ぶ英語の発音(共著) コスモピア 2012
センター試験英語過去問題集文法・語法頻出17項目の演習TREND17(共著編) 桐原書店 2012
はじめてでも500点突破!!TOEIC TEST即効15日計画(共著) 三修社 2014
文部科学省検定済教科書中学校外国語科用COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE(共著編) 光村図書出版 2015
CD付 TOEIC L&R TEST ベーシックアプローチ(共著) 三修社 2017
第二言語習得研究モノグラフ第3巻 第5章「句動詞習得におけるteachabilityとlearnabilityの検証」(共著) くろしお出版 2019
TOEIC L&R TESTのための基礎演習(共著) 三修社 2020
文部科学省検定済教科書中学校外国語科用Here We Go! ENGLISH COURSE(共著編) 光村図書出版 2020
英語のしくみと教え方:こころ・ことば・学びの理論をもとにして 第6章「時を表す前置詞AT・IN・ON のイメージ指導法」(共著編) くろしお出版 2020
〔主な学術論文〕
イメージ・スキーマに基づく句動詞指導の実践例(単著)『日本認知言語学会論文集』第13巻(pp.556-562)2013
A Study on the Effectiveness of Using Visual Images in Teaching Phrasal Verbs(単著)『Journal of Teaching English』22(pp.47-58)2013
“心的距離感”の概念を用いた仮定法表現の指導法-学習英文法への認知言語学の応用(単著)『日本認知言語学会論文集』第14巻(pp.532-538)2014
帰納的句動詞学習の設計-認知言語学的知見に基づいたアクティブラーニング型授業への試み(単著)『教科開発学論集』第6号(pp.59-75)2018
時間用法の前置詞指導における認知言語学的アプローチ(単著)『中部地区英語教育学会紀要』48(pp.235-242)2019
英語学はどのように英語教育に寄与できるのか(単著)『KELESジャーナル』4(pp.41-60)2019
仮定法表現における意味的動機付けに着目した学習の効果(単著)『日本認知言語学会論文集』第19巻(pp.553-558)2019
関係代名詞の明示的指導におけるアニメーションの効果-自学自習を支援する教材を目指して(共著)『中部地区英語教育学会紀要』49(pp.87-94)2020
英語の音声指導における明瞭性の成績の伸びと児童の内省の特徴-自由記述回答に基づく計量テキスト分析-(共著)『教科開発学論集』第8号(pp.39-48)2020
小学校児童を対象とした超分節的特徴の指導における調査-アンケートに基づいた計量テキスト分析-(共著)『英語授業研究学会紀要』第28号(pp.34-49)2020
Teaching Stress-timed Rhythm of English at the Japanese Elementary School Level: Focusing on the Effects of Using Chants (共著)『Asian EFL Journal』27(2.1)(pp.173-201)2020
英語教育の方法論と認知言語学との親和性を考える(単著)『日本認知言語学会論文集』第20巻(pp.490-495)2020
Suitability of Peer-Assessment Methods for Testing Large-Class Oral Production: Activating Fluency Through Performance(共著)『Journal of the Chubu English Language Education Society』50(pp.33-40)2021
小学校児童のスピーキング力向上とコミュニケーションをしようとする意思の育成を目指したビデオ通話の実践(共著)『小学校英語教育学会誌』第21巻(pp.4-19)2021
〔主な雑誌〕
言語現象を忠実に教授する―仮定法を中心に―(単著)『CHART NETWORK』No.50(pp.18-21) 2006
比較表現の考察―授業実践の実例と諸問題について―(単著)『CHART NETWORK』No.54(pp.3-7) 2007
二重目的語構文と与格構文をめぐって―構文指導における理論と実践―(単著)『CHART NETWORK』No.56(pp.19-22) 2008
教育現場における as if/though 仮定法表現の疑問とその解決(単著)『英語教育』 60(13)(pp.63-65) 2012
文型・文法事項の知識を整理する(単著)『COLUMBUS 21通信』Vol.4(pp.10-11) 2016
CLILで,教科横断的に学ぶ(単著)『COLUMBUS 21通信』Vol.4(pp.14-15) 2016
TeacherからFacilitatorへ(単著)『日本私学教育研究所 調査資料 平成27年度英語教育推進リーダー中央研修会報告』 第252号(pp.75-80) 2016
〔主な研究発表〕
電子黒板を使った英語授業の試み―実践例とその効果―(単独)第191回 英語授業研究学会 関西支部例会 2010
与格交替をどのように指導するか―前置詞の選択を中心に―(単独)第36回 全国英語教育学会 2010
A Cognitive Approach to Teaching Phrasal Verbs(共同)The 36th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Material Expo 2010
イメージを使った語彙指導の効果―句動詞について(共同)英語授業研究学会第23回全国大会 2011
Learning English through the image of jazz lyrics(共同)The 38th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Material Expo 2012
教科書デジタル化を迎えて―電子黒板併用による相乗効果(単独)外国語教育メディア学会第43回九州・沖縄研究大会 2013
Phrasal verbs found in textbooks and picture books(共同)The 39th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Material Expo 2013
語彙指導における認知意味論の援用-前置詞と句動詞を中心に(共同)大学英語教育学会 関西支部秋季大会 2013
時を表す前置詞の指導方法への認知言語学的アプローチの試み―at、in、onを中心に(単独)日本認知言語学会第14回全国大会 2014
学習者のやる気を引き出す授業づくりとは-ICT教材の活用とその課題(共同)外国語教育メディア学会 第88回 秋季中部支部研究大会 2016
メディア・リテラシーと英語教育- reading における気付きに注目して(単独)外国語教育メディア学会 第89回春季中部支部大会 2017
時間用法を表す前置詞at、in、onの効果的学習法(単独)外国語教育メディア学会 第57回全国研究大会 2017
普通教室での授業支援システム活用を可能にするOrchestration Systemの開発(単独)外国語教育メディア学会 第91回春季中部支部大会 2018
英語学と英語教育の橋渡し―語彙・構文・文法の実証研究からの示唆―(単独)関西英語教育学会 第45回 セミナー 2018
英語学の知見はどのように英語教育に役立つのか?―認知言語学的観点から―(単独)英語授業研究学会 関西支部 第270回例会 2019
チャンツ指導における明瞭性の向上と児童の内省の特徴―質問紙調査における自由記述回答に基づく計量テキスト分析―(共同)第19回 小学校英語教育学会 全国大会(北海道大会) 2019
Large class spoken assessment: Retell, recite, review(共同)FLEAT 7 International Conference on Foreign Language Education & Technology 2019
Planet English: A doorway to global citizenship(共同)The 58th JACET International Convention 2019
小学校児童のスピーキング力向上とコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を目指したビデオ通話の実践(共同)第20回 小学校英語教育学会 全国大会(中部・岐阜大会) 2020
Active Grammarへの誘い―深い学びへと導く英語のしくみの指導法―(単独)令和2年度 中部地区英語教育学会 愛知地区大会 2021
The effect of organic way of learning polysemous words(共同)The 20th International Conference of the Japan Second Language Association 2021
Fostering speaking ability and willingness to communicate in a low-proficiency English learner: A case study using video calls(共同)The 1st AEJ UKI SLA Research Conference 2021